100人100通りのウエディングを…。
受付では新婦の
手作りウエルカムボードを飾り、
ゲストの皆様の目を
楽しませてくれました。
ハンドメイドウエディング。
全て新婦お手製!!温かなハンドメイドグッズがお二人の「おもてなしの心」を伝えます。
新婦の手作り作品が華やかに会場を彩る中、自分達の大切なゲストをもてなす・・・という原点に立った温かいパーティとなりました。

一組のご夫婦の愛の物語、
いよいよ始まりです。

手作りのリングピロー・・・出番を待つマリッジリング達。

ご両親へ感謝を込めて…手作りのプリザーブドフラワー。

世界でたった一つのオリジナルケーキに間もなく入刀します。

ゲストの皆様に、手作りクッキーで感謝の気持ちを伝えます。
ゲストの皆様が見守る中、ウエディングケーキにいよいよ入刀。

青空の下、緑のガーデンにて幸せいっぱいのお二人がケーキ入刀。

ファーストバイト、新郎から新婦へ「あ~ん」。

特大スプーンで新婦も気合十分。

新婦の大きな愛を受け止めます。
新婦手作りのムービー上映から始まった披露宴。
なんとオープニング・プロフィール・エンドロールムービーすべて新婦製作の3部作。

入場前、新婦手作りのオープニングムービーを上映。

装いも新たに、和装での新郎新婦入場。
気の利いたスピーチで会場も大盛り上がり。
スピーチでは青年会議所の方の取り計らいで新郎に新婦の名前を連呼させ、「好きだー!!」叫び、会場も盛り上がりました。

新郎友人スピーチではご友人の掛け声に合わせて、新婦の名前を呼び「好きだ~っ!」
と何度も何度も叫んだ新郎。さすがの新婦も思わず照れ笑い!

大好きなお母様とお姉様に介添えをお願いし、お色直しへ。

新婦側スピーチでは、かつて新婦から手作りの
ブローチをいただいたという、温かい気遣いの
できる新婦とのエピソードを披露してくださった
元職場の先輩。そのときの思い出のブローチを
付けてきてくださいました。

人生の大先輩、新郎の伯父様より謡曲の披露とお祝いメッセージ入りの
うちわがプレゼントされました。
中座のエスコート役に
お母様を選ばれた新郎、
幼い頃から綺麗で
自慢のお母様だったことを
紹介。
本日のメインイベント。新郎新婦による息もぴったりとあったダンスに拍手喝采!!
ダンスでは新郎新婦がダンスの衣裳に早変わりし、タンゴとワルツの2曲を披露されました。

お二人共通の趣味である、社交ダンスを皆様に披露。
衣裳も特別に用意されたお二人。
事前に会場でリハーサルをされ
本番に臨まれました。
会場はいつの間にかダンスホールとなり、
ギャラリーの皆様とともに大いに
盛り上がりました。


短い時間ではありましたが、皆様へのおもてなしの気持ちがいっぱい込められたダンスの披露でした。

お二人のファンクラブの皆様とともに、はいポーズ!
次々と行われる楽しい催しに皆様満面の笑み!!お祝いムードが会場に満ちあふれています。

キャンドルサービスで各テーブルをまわり、ゲストの方々に感謝の気持ちを伝えるお二人。

新郎友人による余興タイム・・・
ミスターヨリックの登場!

新郎新婦のダンスシーンを真似て・・・

新郎を巻き込んでの余興。
ガーデンでカクテルショー開演!!繰り広げられるパフォーマンスに歓声が!!
ゲストの中に世界第3位の肩書きを持つバーテンダーがいらっしゃり、カクテルショーを披露いただきました。
良い季節でもあり、緑のガーデンの中で軽快な音楽に合わせて巧みな技術をご披露いただきました。

緑広がるガーデンに皆様をご案内し、カクテルショーの披露。

やってみる?と言わんばかりに・・・

軽快なBGMに合わせて

お酒のボトルを巧みに操り、ゲストからの歓声が沸きます。

新郎の手により連なったカップの中から4色のカラフルなカクテルがグラスに注がれます。

お見事!!!
新婦からご両親へ、新郎から新婦へ…。それぞれの愛の込もった言葉に会場内も感動。

新婦よりご両親へ感謝の手紙・・・幼い頃の思い出が蘇ります。


お二人から贈られるのは、新婦手作りのプリザーブドフラワー。
新郎謝辞では、皆が静かに言葉を待つ中、新郎が発した最初の言葉は、
新婦へ「のんちゃん、お疲れ様でした・・・」
以外な第一声に会場内は爆笑の渦!仕事が忙しく、準備のほとんどを
新婦に任せっきりだった新郎から、労いと感謝の気持ちが伝えられました。
素直で飾らない新郎の言葉がとても印象的でした。

ゲストのお見送りの時には、新婦手作りのクッキーが
お二人から手渡されました。

たくさんのゲストの方々にご出席いただき、ご夫婦としての新しい第一歩を踏み出されました。
こうしてお二人のウエディングストーリーはめでたく結ばれました。
担当プロデューサーより
●プロデュースする上でのモットー
「できない」と言わない事。
もちろん物理的なことに関しては、できませんと言わなくてはなりませんが、そうではないことに関しては言わないように務めています。たとえ新郎新婦の言われるままは難しかったとしても、何か違う形で叶えて差し上げられるよう提案していくことです。ただこれは新郎新婦の大きな協力と理解をいただきながらできることです。新郎新婦との距離を縮めよりよい信頼関係を築いていくことが重要です。
お二人にとって結婚式は何より大切な記念日となります。私たちはやり直しのできない一日であることを忘れてはなりません。
緊張感を持ち、一組一組のお客様に真っ白な気持ちで向かいたいと思っています。
当日さえよければ言いということではなく、当日を迎えるまでの準備の期間も思い出深い、楽しい時間を過ごしていただけるよう思っています。
●パーティーコンセプトについて
二人の共通の趣味が社交ダンスということでどこかの場面でダンスを披露したいとの希望があり進行内に取り入れました。またゲストを手作りの温かさでおもてなししたいという新婦の希望があり、ペーパーアイテムからウエディンググッズなどはすべて手作りされました。それらはパーティーの中に取り入れたり、会場内に飾ったりして、ゲストの皆様にお楽しみいただきました。新郎が青年会議所のメンバーだったこともあり、列席してくださったゲストもお祝いムードたっぷりに余興を披露してくださいました。 
お二人の一生懸命で温かいお人柄を全面で感じるパーティーだったと思います。
●担当プロデューサーとして感じたこと
お二人とも山口にお住まいで、お打合せはご遠方からいつもお越しくださっていました。
新郎はお仕事が忙しく、準備はほとんど新婦にお任せ状態にあったようですが、新婦は前向きに楽しみながら準備を進めてくださいました。
誠実で礼儀正しい新郎、明るくて笑顔が素敵な新婦、お会いするたび私まで元気を分けていただいたような気がします。そんなお二人がご招待されたゲストですから皆様もお二人の結婚を心から祝福されており、お祝いのムードたっぷりでとても温かく和やかなものでした。
「お二人らしさ」というのは無理に作られるものではなく、お二人が本来もっている人間性、お人柄であったり、人間関係などが大きく反映されるものと改めて感じた披露パーティーでした。

●結婚式を終えたお二人の感想
結婚式を終え、思い描いていた以上の最高の結婚式ができ、本当に大満足しています。
初めて式場へ足を運んだ時、スタッフの皆さんの対応の良さがとても印象的でした。
プロデューサーの小出さんには、たくさん無理なお願いしてしまったのですが、毎回笑顔で対応して下さり、私達の納得がいくまで何度も打ち合わせをしていただき、とても心強かったです。
その他のスタッフの皆さんも私達のために、一人ひとりが心を込めて対応してくださったことが、本当に嬉しかったです。
当日も出席してくださった方からは、会場がキレイで料理がとても美味しく、式場の対応がよかったと高評価をいただきました。
私達のために来てくださる方に、料理だけは最高のものを出したいと思っていたので、多くの方に喜んでいただけた事がとても嬉しかったです。
これもマリアージュのスタッフの皆様のお蔭です。心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に私達のために精神誠意対応して下さり、ありがとうございました。
100人100通りのウエディング 納得できる正確なお見積 おいしいと評判のお料理 夢を叶え、予算も安心できるウエディング トップページ トップページ