ゲストと一緒に作る誓いのセレモニー ”ダーズンローズ”

結婚式のセレモニーの一つ、”ダーズンローズ”をご存知でしょうか?

人前式・挙式・披露宴などで、12本のバラを使ってプロポーズを再現するセレモニーのことです。
バラの1本1本に意味があり、それぞれ「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」という誓いが込められてます。

そんなセレモニーを結婚式にとりいれた、おふたりをご紹介させていただきます。


海外で挙式を済まされたおふたり。
帰国後の披露宴パーティーでは、大切なゲストの皆さまに見守られながらセレモニーを行いたいという想いから、”ダーズンローズ”の演出を取り入れることにされました。

新郎様は、「感謝」「愛情」など、12本それぞれの意味のあるバラを1本ずつゲストの皆さまから受け取り、

そして最後の12本目はおふたりの大切なお子様から受け取りながら入場され、バラの花束を完成させます。
12本のバラの花束は新郎様から新婦様へ手渡され、

花束を受け取られた新婦様は、その中の1本を新郎様の胸元に挿し、

”お互いをこれから先もずっと大切にします”

という気持ちをゲストに見守られながら誓われました。

バラの花が咲き誇るイギリス館のガーデンで行われたセレモニーは、ゲストの皆さまの温かい笑顔に包まれ、和やかに行われました。