コンセプトウェディング『いろのわ(色相環)』

色相環とは、虹に見られる色の変化をつなげてひとつの輪にしたもの。
対面におかれている真反対の色を“補色”とも呼び、補色どうしは、実はお互いを最も引き立たせる色。

これまでのふたりの人生の中でたくさんの人と出逢えたこと、さまざまな経験、さまざまな学び。

そういった大切な ヒト たちや モノ・コト たちを“いろ(色)”に見立て、“わ(環)”のようにつながっていける、そんなきっかけの1日となりますように。

真反対のようなふたりでありながら、お互いの良いところをもっと伸ばしていける、そんな夫婦になれますように。

そんな思いが込められたマリアージュのプロデューサーのコンセプトウェディングをご紹介させていただきます。


まずふたりが受付で用意したアイテムは3つ。

1つめは、“ゲスト全員の簡単な紹介文をつけた似顔絵シート”

もともと知っている人も、初めましての人も、少しでもふたりの人生で関わった大切な『ひと』たちのことを知ってもらえたらいいな~!そんなことを想像しながらふたりで心を込めて手描きしました。

“わ~こんな風に書いてくれてる~!“ ”似てるね^^“ などと言い合いながら、式までの時間を楽しく過ごしているゲストの皆さんの様子がとても印象的でした。

2つめは、“ふたりの人となりが分かるような『もの』たち”

披露宴の前に、ふたりのことを知ってもらえる人生のギャラリーのような空間にしたいな。
そう思ったふたりは、生まれたときに包まれていたタオルや、学生時代汗を流した部活の道具、家族や友人たちからもらった大切な手紙などをギャラリーのように展示。

ゲストからは、“わ~!なんか美術館みたいだね~~~!”
そんな声が上がっていました。

3つめは、“ゲストとつくる『いろのわリース』”

コンセプト『いろのわ(色相環)』がビジュアル的にも伝わるように取り入れたコンテンツ。

ひとりひとつずつ好きな色のお花を手にとって、できるだけ色相環になるようにリースにくくりつけてもらいます。

みんなでつくりあげたBIGリースは、披露宴中ふたりのバックにON!

“さっきのリースがこんなところに~~~!!!” “すご~~~い!!!”
会場に入るなり、ゲストの皆さんからの歓声が湧きました。

指輪交換のとき、ケーキカットのとき、みんなと写真を撮るときなど、ほとんどの写真に写る『いろのわリース』は大活躍のアイテムとなりました。

これから先、結婚式の写真を見返すたびに写るこの“いろのわリース”は、

“お互いの良いところをもっと伸ばしていけるような夫婦になろう”

というふたりの誓いを思い出させてくれるでしょう。

結婚式の準備をしていると、さまざまな情報が入るため、これもやった方が良いのかな、など、見れば見るほど目移りしてしまってなかなか決めきれず、ただただ時間が過ぎ焦りばかりがつのっていく・・・といったことがどうしても起こりがちです。
コンセプトは、もちろんなくても素敵なものになりますが、あるとより全体がまとまり、本当に必要なもの、やるべきことが明確になったりもします。
結婚するうえで、どんな夫婦になりたい?どんな結婚式にしたい?を改めて、ふたりで話し合う良いきっかけにもなります。
普段なかなか話せないこと、結婚式をきっかけに、“ふたりで話す時間”をつくってみませんか^^

緑あふれるガーデンでの和装人前式

もともとガーデンでのアットホームな挙式を希望されていたおふたり。
定番ウェディングはしたくないけど、特別変わった演出をやりたい訳ではなく、堅苦しくない、アットホームな雰囲気で、ゲストの皆様に心から楽しんでいただける結婚式にできないかと悩んでいたおふたり。
そんな時、当館で流れるスタッフの披露宴で、ガーデンを和装姿で歩いている映像を見て、これだ!!と思われたおふたり。

「和装でのガーデン挙式って見たことない!」
「でも絶対に新鮮でオシャレでステキ!」
「ゲストの皆さまをビックリさせられる!!」

そんな、ガーデン和装人前式をご紹介させていただきます。


ご結婚式当日は気持ちの良い晴天!!
緑あふれるガーデンに案内され、ウェディングドレス、タキシードでの登場を待つゲストの皆様。
そこに紋服、白無垢姿でおふたりが登場。
ゲストの皆様はビックリ&大喜び!!


人前式では、お子様ゲストにリングボーイを務めてもらったり、ご友人をサプライズ指名し結婚証明書にサインをしてもらったり、新郎新婦だけで進めるのではなく、ゲストの皆様にも参加してもらうことで、とてもアットホームな雰囲気の挙式となりました。

ゲストの皆様に心から楽しんでもらい、他のカップルとは違う結婚式にできないかと考え、挙げられたアットホームなガーデンでの和装人前式。
ぜひ、ご参考くださいね!

ガーベラの花言葉を取り入れた会場コーディネイトで感謝の思いを

披露宴会場のコーディネートがお二人らしいものだと、ご結婚式の日のことがより心に残るのではないかと思います。
新婦様ご自身のお名前由来から、ピンクのガーベラを選ばれ、考えられた会場コーディネートをご紹介させていただきます。


ピンクのガーベラの花言葉は、

“感謝” “思いやり”

新婦様のお名前の中には“心”という漢字が入っています。
新婦様のご姉妹にも“心”が入っており、親御様が

“思いやりのある子に育ってほしい”

と願いを込めてこの漢字を使われたそうです。
そんな願いを込められたお名前と同じ“思いやり”の花言葉を持つピンクのガーベラを使って、親御様、結婚式へ来てくださったゲストの皆様お一人お一人に“感謝”の気持ちを込められた会場コーディネイト。


ゲストお一人お一人のお席にご用意されたピンクのガーベラ


ピンクのガーベラを使用した、色鮮やかなメインバック

いかがでしょうか?
きっとゲストの皆様は、ピンクのガーベラを見る度にお二人のことを思い出すのではないかと思います。
会場コーディネートを考えられる新郎新婦様、ぜひ、参考にしてみてくださいね!


会場の外にもピンクのガーベラが

披露宴内でゲスト全員参加の『フォトコンテスト』

結婚式のイベントには趣向を凝らしたものがたくさんございますが、最近では結婚式に参列されたゲスト全員で参加できるイベントを披露宴に取り入れる新郎新婦様が増えてきています。

そんなゲスト全員で参加できるイベントを取り入れたおふたりの結婚式をご紹介させていただきます。


おふたりの考えたイベントとは・・・

『フォトコンテスト!!!!!』

ゲストの皆様はご自身のスマートフォン、携帯電話にて撮影した写真をおふたりへ送信。
挙式~披露宴のお色直し中座までを制限時間とし、中座後お色直し中におふたりが届いた写真の中よりベストショット1枚を厳選。

お色直し入場後、おふたりが選んだベストショットをご披露!
ベストショットを撮影したゲストに豪華賞品をプレゼント!!!!!
ゲスト全員が参加でき、たくさんの素敵なお写真が残せるイベントに。

そしておふたりはさらにゲストの皆様に楽しんでいただくアイディアを!
ゲストの皆様が一生懸命撮影してくださった、たくさんのお写真。
ベストショットだけのお披露目ではもったいない!と、フォトコンテストにエントリーした写真をすべて印刷。お帰りのゲスト皆様にご覧いただけるよう飾りつけ!



大好きなゲストの皆さんへだからこそ見せられる、素敵なお二人の表情の写真がたくさん並びました。
お帰りのゲスト皆様も、おふたりからのサプライズ演出に大喜び。

「この写真素敵!」
「これ私が撮った写真よ~★」

と、披露宴の最後の最後まで、ゲスト皆様に楽しんでいただけるイベントとなりました。
結婚式で、ゲスト皆様に家族、友人としてだけでなくカメラマンとして参加いただき、思い思いの写真を残していただく『フォトコンテスト』

結婚式で、ゲスト全員参加のイベントを検討されている新郎新婦様、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

お二人の思い出の料理を取り入れた『サプライズオーダー料理』

結婚式での演出の1つとして人気なのがお馴染みのウェディングケーキのイベント。
おふたりの仲の良さが伝わるこちらの演出は、披露宴の中でもシャッターチャンスの瞬間☆
最近では、ケーキ以外のものを希望される方も増えてきています。
ル・クラブ・ド・マリアージュでは、そんなお二人の希望を叶えるため、『サプライズオーダー料理』として、シェフと相談して内容を決めることができます!
思い出を大切にされているお二人ならではの『サプライズオーダー料理』をご紹介させていただきます。


甘いものがちょっぴり苦手な新婦様。
ウェディングケーキに代わる他のもので、何が良いだろうと一緒に考えました。
せっかくならお二人にとって思い出の料理でイベントをしたい!
そんな思いから新婦様が新郎様へ初めて作った手料理でイベントをすることに。

その手料理とは・・・

『『『  ハンバーグ  』』』
登場したBIGなハンバーグに会場は大盛り上がり!


イベントでは、お二人で仲良くBIGハンバーグ入刀♪


ファーストバイトはBIGハンバーグをフォークとナイフで丁寧に切り分け☆
ゲストの皆さまの掛け声でお互いのお口へ
“あーん!”


切り込みを入れた瞬間ジュワ~~~っと出る肉汁とアツアツの湯気に、ゲストの方の視線は釘づけ(^^)


幸せいっぱいの新婦様の表情が最高です★★★

これから新しい環境で共に生活をされるお二人。

初めて彼へ作った思い出の手料理、結婚式で食べさせあいこをした思い出、
そしてこれからもきっと、ふたりの大切な節目に、“ハンバーグ”が欠かせないものとなることでしょう。

ケーキ入刀の代わりとして、お二人の思い出の料理を取り入れた『サプライズオーダー料理』はいかがでしょうか?

お二人ならではのイベントのひとつとして参考にしてみてくださいね!★

ホスピタリティ溢れるおもてなしから始まるパーティー

披露宴会場に入ると、スタッフがゲストの皆さまをお席までご案内。
司会やムービー・BGMに合わせ、新郎新婦様が入場しパーティがはじまっていく、当たり前のように目にする結婚式の流れ。

”でももっと・・もっとアットホームで、自分たちがゲストをおもてなしできるようなパーティにしたい”

そんな想いでこの日の準備をしてきたおふたりのパーティの様子をご紹介いたします。


まずは受付を済まされたゲストの皆さまをウェルカムパーティ会場内(ラウンジ)へご案内。
おふたりが用意されたオープニングムービーで盛り上がった直後、

”カーテン OPEN~~~!♪!♪!♪”

司会者のアナウンスで一斉にウェルカムパーティ会場中のカーテンが開いた途端、
ガーデンの緑の中にゲストの皆さまをお迎えする笑顔のおふたりの姿が。

ゲストの皆さまには、そのままおふたりが待つガーデンへ進んでいただき、
好きなお飲物を片手に、近くにいる方たちと

”カンパァァイ!!!”

とてもアットホームな雰囲気でのスタートとなりました。
ゆったりウェルカムパーティを楽しんだあとはいよいよ披露宴会場へ♪♪♪

披露宴会場へはなんと、なんとスタッフではなく、新郎新婦のおふたり自らが先導!
ウェルカムパーティー会場から披露宴会場まで、ガーデンでつながっているからこそできるおもてなしです。

”こっちだよ~!”

と思わず楽しそうな声が聞こえてきそうです。
森の中に迷い込んでどんどん進んでいくと大きな一軒家が現れたような、
まるでそんなわくわく感を感じながら、
ゲストの皆さまもおふたりに連れられ楽しそうにパーティ会場へと進んで行かれました。

会場へ到着されたおふたりは、扉の前でゲストの皆さまひとりひとりに

”今日は来てくれてありがとうね^^”
”楽しんでいってね”

と声をかけながら会場の中へご案内していきます。

なかなか当日はいそがしく、主役でもありながらホスト役でもある新郎新婦にとって、
自分たちがゲストの皆さまを直接もてなすというのはとても大変なこと。
そんな中、「自分たちにできることは何か」を常に考えながら準備をすすめてこられたおふたりのウェディングは、ホスピタリティ溢れるおもてなしから始まったのでした。

大切な指輪を届ける ”リングドック”

大切なご家族の一員であるわんちゃん。
新郎新婦様にとって、結婚式は一生に一度の大切な日。

「いつも側にいてくれた大切な家族と一緒に祝いたい」

ル・クラブ・ド・マリアージュでは、そんな想いを叶えることができます。


おふたりの愛犬 ハーヴィー君。

ご結婚式当日、ハーヴィー君には”リングドック”として、おふたりの元へ大切な指輪を届けていただきました。

おふたりのことが大好きなハーヴィー君。
おふたりの姿を見つけた瞬間、まっすぐおふたりの元まで歩いてくれました。

大切なご家族と一緒に行う挙式は、おふたりにとってもご家族にとっても一生忘れることのない思い出になると思います。

※安全のため、ハーヴィー君にはリードを付けた状態で”リングドック”を務めていただきました。

温かい光の演出 ”キャンドルサーブ”

バリエーション豊富で多種多様な使い方ができるキャンドル。
演出としても使えるキャンドルは、
披露宴会場全体を優しい光で包みこみ素敵な雰囲気を作り出してくれます。


本日は、キャンドルを使ってゲストの心を温める素敵な演出をされたお二人をご紹介します。
緑いっぱいのガーデンで挙式をされたおふたり。
そんな「ナチュラル感」がよく似合うおふたりがおこなわれたのは、

”キャンドルサーブ”

会場内の照明を落とし、ご入場。
ご新婦様のお手元には、きらきらと輝くヴィンテージグラスに入ったキャンドル。

キャンドルの灯りがお二人の笑顔を照らしてくれます。

そして皆様のお席に寄り道しながらひとつひとつゲストへ直接お手渡し。

ここではコーディネイトの仕上げとして、お渡ししたキャンドルを、テーブルに素敵に飾っていただきました。

入場やテーブルラウンドの演出として、そしてゲストの皆様とつくる会場コーディネイトとして、お二人のウェディングに欠かせない演出となりました。

ゲストと一緒に作る誓いのセレモニー ”ダーズンローズ”

結婚式のセレモニーの一つ、”ダーズンローズ”をご存知でしょうか?

人前式・挙式・披露宴などで、12本のバラを使ってプロポーズを再現するセレモニーのことです。
バラの1本1本に意味があり、それぞれ「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」という誓いが込められてます。

そんなセレモニーを結婚式にとりいれた、おふたりをご紹介させていただきます。


海外で挙式を済まされたおふたり。
帰国後の披露宴パーティーでは、大切なゲストの皆さまに見守られながらセレモニーを行いたいという想いから、”ダーズンローズ”の演出を取り入れることにされました。

新郎様は、「感謝」「愛情」など、12本それぞれの意味のあるバラを1本ずつゲストの皆さまから受け取り、

そして最後の12本目はおふたりの大切なお子様から受け取りながら入場され、バラの花束を完成させます。
12本のバラの花束は新郎様から新婦様へ手渡され、

花束を受け取られた新婦様は、その中の1本を新郎様の胸元に挿し、

”お互いをこれから先もずっと大切にします”

という気持ちをゲストに見守られながら誓われました。

バラの花が咲き誇るイギリス館のガーデンで行われたセレモニーは、ゲストの皆さまの温かい笑顔に包まれ、和やかに行われました。